手作り指輪について、比較することがたくさんあります - 指輪のあれこれ比べてみました

手作り指輪について、比較することがたくさんあります

最近、ブライダル関連の情報誌や情報サイトを中心に「手作り指輪」というワードをよく見かけるようになりましたが、そもそもこの手作り指輪とはどのような指輪のことを指しているのでしょうか?
ここでは今話題になっている手作り指輪とはどんなものなのかをお伝えすると同時に、比較していきたいと思います。

まず最初に手作り指輪の定義から説明すると厳密に言えば指輪はすべて機械だけで作られているわけではありませんので、ブランドショップやジュエリーショップで店頭に並んでいる既製品も人の手がかけられています。
ですからショップで販売している既製品も手作りと言えば手作りになりますが、店頭に並んでいる既製品を見て手作りだと感じる人はほとんどいないでしょう。

なぜなら既製品の場合はあらかじめ大量生産されており、名の知れたブランドの指輪なら日本だけでなく世界中で同じデザインのものが売られているので希少性が感じられないからです。
特に人気の高いデザインの指輪は売れる分、人と被ってしまう可能性が高いですし、そういった指輪を購入する人はトレンドを意識している人が多く希少性を求めているわけではありません。
つまり手作りという意識がないというよりは手作りであることにそれほどこだわりがないと言ったほうがいいでしょう。

それでは誰もが手作り指輪だと感じる指輪にはどんなものがあるかと言うと、これは大きく分けて2種類あります。
ひとつめはオーダーメイドで、オーダーメイドは自分で素材や石、デザインや加工法を決めることができ、決めたものを職人に作ってもらいますから正真正銘の世界にひとつだけのオリジナル指輪になります。
オーダーメイドのメリットはこの希少性の高さがあげられ、既製品のように人と同じ指輪を身に付けたくない、特別な指輪だからオリジナリティのあるものを渡したいという人にはおすすめです。

さらにオーダーメイドなら微妙なサイズ感も調整可能なので、その人に合った指輪を作れますし、どこに石を付けるのかリングの形はどうするのかなど細かい部分まですべて決められます。
たとえば「あの指輪とこの指輪を組み合わせたような指輪が欲しい」という願いもオーダーメイドなら可能ですし、まったくゼロから作り上げることもできます。

オーダーメイドは取り扱っているブランドショップやジュエリーショップかオーダーメイド専門店に依頼することになりますが、かかるコストはどこに依頼するか、どんなデザインにするかで違います。
高級ブランドショップでオーダーメイドする場合は当然コストも高くなりますが、オーダーメイド専門のショップだと高級ブランドの既製品より安い値段で同じクオリティの指輪が作れることもあります。
したがってコストがかかってもいいから好きなブランドの指輪をオーダーメイドしたいならブランドショップに、ブランドにはこだわらないけどコストを抑えつつクオリティの高い指輪が欲しいという人はオーダーメイド専門のショップを利用するといいでしょう。

次に近年注目を集めているのがブライダルリングを専門に扱っているアトリエを利用する手段で、これはオーダーメイドと共通するところもあれば異なる点もあります。
まずオーダーメイドとの共通点ですが、素材や石、デザインや加工法を自分で決められるところは同じで、あらかじめ用意されているものからチョイスしていくこともできますし、ゼロから作り上げていくこともできます。
はじめにお店へ行ってスタッフと打ち合わせをしますから、その段階でどんなデザインの指輪が欲しいのか、また予算を明確にしておくとスムーズに進められるでしょう。

次に異なる部分ですがオーダーメイドの場合は素材や石、デザインや加工法を決めたらあとは職人にすべて任せて出来上がりを待ちますが、専門のアトリエを利用する場合は自分も作業に参加して指輪を作ります。
そんなことをして失敗する可能性はないの?と心配になる人もいるかもしれませんが、アトリエには熟練の技術を持ったプロの職人スタッフがいて、サポートを受けながら作っていきますので心配ありません。

また、出来上がりに影響する重要な工程は職人がすべて行いますから、出来上がった指輪は既製品のクオリティとそん色ないものになっています。
もちろんホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールド、プラチナなどをベースにした素材にダイヤモンドを入れた本格的なブライダルリングを作ることができます。

そしてアトリエを利用するメリットはコスト面にもあって、一般的に高級ブランドショップで既製品のブライダルリングを購入する場合、だいたい30万円から40万円程度の予算が必要になりますが、アトリエなら10万円程度で同じくらいのクオリティの指輪を作れます。
このように手作り指輪を作るならオーダーメイドと専門のアトリエを利用する2つの方法がありますので、気になっている人は検討してみてください。
手作り指輪

新着情報

ピンクダイヤをつけた結婚指輪

ピンクダイヤでかわいい結婚指輪に

個性的な結婚指輪を探しているときにおすすめなのがピンクダイヤです。

小さな石をつけるだけでも指輪全体が明るくてかわいくなります。

よくあるデザインとまではいえませんが、それほど珍しいデザインでもありません。

購入がそれほど難しくないのもポイントです。

≫ 『ピンクダイヤをつけた結婚指輪』

杢目金屋の結婚指輪

杢目金屋について

結婚指輪を探しているとき、人気ショップの指輪が気になることも多いですよね。

よく注目されるお店の1つが杢目金屋です。

独特の個性的な指輪を多く作っているお店ですから、結婚指輪に個性を求める方から特に人気です。

いろいろな結婚指輪を比較してから最終的に決めたい方は、こちらの指輪もチェックしておくといいでしょう。

指輪の模様が特徴的

こちらの指輪といえばリングの表面に浮かぶ模様が大きな特徴です。

木目金という特殊な指輪を作っている数少ないショップの1つになり、表面には木目模様がついているのです。

これは金属の色で作る模様となり、簡単にできるものではありません。

そのような詳しい特徴を知らなくても、金属の色で作られたその模様はとても美しく、十分な魅力を備えています。

≫ 『杢目金屋の結婚指輪』

結婚指輪の購入時期などについたまとめ

結婚指輪の購入時期はいつ?

結婚指輪の購入時期は、平均するとだいたい挙式の半年以上前から購入したという結果が出ています。

結婚指輪は購入あるいは手作りをしても手元に来るまでに時間がかかることが多いです。

また、両親の顔合わせの際に指輪を披露したいという人がいたり、式の直前になりますと、式の準備や打ち合わせにより時間がとられてしまうため余裕を持って半年以上前に購入するそうです。

中には10ヶ月以上前から購入している人達もいます。

しかし、これは結婚式を挙げる人達の場合であり、結婚式を挙げない人達は特に決まった時期に購入したということはないみたいです。

入籍のタイミングや新婚旅行に行くとき、同居をし始めるときなどタイミングは様々です。

≫ 『結婚指輪の購入時期などについたまとめ』

海外ブランドの結婚指輪を比較

有名な海外ブランドの結婚指輪

結婚指輪というのは、もともと日本の文化ではなく、外国の文化なのです。

そのため、結婚指輪のブランドも海外の物が多くなっているのですが、どれを購入しようか迷ったときのために、いろいろと比較をしてみたいと思います。

まずはカルティエですが、赤い色のケースを使用していることや、比較的シンプルなデザインが多いことで知られています。

素材はプラチナやゴールドが多く、1847年にフランスで誕生したブランドです。

日本での知名度も比較的高いといえるでしょう。

次はティファニーですが、こちらも日本での知名度が高くなっているブランドです。

1837年にアメリカで誕生し、比較的安い価格の結婚指輪も多くなっています。

幅の広いタイプの結婚指輪が多いのも特徴でしょう。

≫ 『海外ブランドの結婚指輪を比較』

結婚指輪購入口コミ「まず予算を固めて、その中から探すこと」

1. 性別

男性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚8年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

それぞれ約14万円程度(現行価格140,800円税込)

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

私達夫婦は、結婚する前に婚約指輪は高く、またあまり使用する頻度が高くないため買わないことにしていました。

その代わりに結婚指輪はずっと使用するものなので、ずっと着けていられる良い物を買おうと決意しておりました。

しかし、結婚当時はまだ若かったためあまりお金も持っておらず、当時のボーナス30万円以内で買える物を探していました。

私の妻が、カルティエが良いと言ったため、ブランドはすぐに決定しました。

カルティエの指輪はあまり知らなかったのですが、店に入り指輪を探していると、デザイン面および予算面から「マイヨン パンテール ウエディングリング(ホワイトゴールド)」が良いと二人の意見が合致したため、結婚指輪に決めました。

≫ 『結婚指輪購入口コミ「まず予算を固めて、その中から探すこと」』